天帝妖狐

A MASKED BALL ア マスクド ボール-及びトイレのタバコさんの出現と消失
トイレの個室にあった匿名の人達による落書きのやり取り。

ネットの掲示板のようなやり取りが壁で繰り広げられていて、
そこから事件が起こっていく展開になっていきます。

一体犯人は誰なのか?という推理的な要素も含まれていて面白いです。



天帝妖狐
こっくりさんを題材にした怖く切ない話す。
主人公の少女が倒れた全身包帯だらけの男を助けた事によって物語が始まります。

死ねない身体、永遠の命、異形の存在…世界から疎まれ孤独の存在
その心境や葛藤、当たり前の事の幸せ等考えさせられます。


どちらも題材としては面白かったですが、短編でしたので物足りない印象もありました。

天帝妖狐 (集英社文庫)天帝妖狐 (集英社文庫)
(2001/07/19)
乙一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

平面いぬ。

石ノ目、はじめ、BLUE、平面いぬ。を収録した短編集。

石ノ目
→石ノ目という者の目を見たら石に変えられてしまう話。
おどろおどろした雰囲気だけど、オチは何となく予想範疇でした。


はじめ
→悪いことをした時の罪をなすり付ける為に作られた架空の人物はじめ。
どんどん設定がリアルになっていき、2人の前に本当に姿を現した幻。
昔ジャンプの読み切りで小畑健先生が描いてましたが、
その印象も残ってて懐かしい作品でした。


BLUE
→この4編の中で一番好きな作品です。
生命の宿る布で、王子、王女、馬、騎士と作り、
余った布で作られた青い肌のみずぼらしい人形ブルー。
動ける事を隠しつつ買われた家の姉に可愛がられる4体の人形。
その中でブルーは姉には愛されず乱暴者の弟に厄介払いされるんだけど…
そっからはホント感動しました。これは是非読んで貰いたい作品です。


平面犬。
→腕に犬のタトゥーを入れたらそのタトゥーが動き出したという話。
犬の主食が体内のホクロだったり、肉のタトゥーを入れたら食べて消えたり、
散歩は主人公の身体を移動したりと
設定がとても面白かったですね。

平面いぬ。 (集英社文庫)平面いぬ。 (集英社文庫)
(2003/06/20)
乙一

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

さみしさの周波数

4つの短編で成り立ってる切ない話を中心とした本。


未来予報 あした、晴れればいい。
小学生の頃、僕小泉と幼ななじみの清水は引っ越してきた古寺直樹の家に向かった。
彼は未来が見えると言い始めそして「お前ら、いつか結婚するぜ」と僕達に伝える…


手を握る泥棒の物語
自らが手がけたオリジナル腕時計を生産するお金が欲しい為に、
旅館にいる叔母のカバンからお金を盗むことを思いつく。
旅館の壁に穴を開けて手探りでカバンを探すと、
誤って面識のない従妹の腕を掴んでしまった…


フィルムの中の少女
大学生の映画研究部に属してる私は、部室でとあるフィルムを見つける。
そのフィルムを回すと、映画にいるはずのない制服姿の女子高生の姿が映っていた・・・


失はれた物語
交通事故によって嗅覚、視覚、味覚、触覚、聴覚の感覚を全て失ってしまい、
唯一右腕の肘からから手のみの感覚だけしか残っていなかった。
暗闇で静寂の中、温かい手で右手に触れる妻。
右手に指で文字をなぞり旦那に言葉を伝える妻。
ピアニストの妻は右腕を鍵盤に見立てて演奏をして想いを伝えます。
そんな毎日を過ごしてたある日…


続きを読む

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

きみにしか聞こえない―CALLING YOU

こちらは3つの短編集で成り立っていて、話は短くて1日で読み切れます。


CALLING YOU
→昨日話した映画の原作。ケイタイ電話を持たない少女が頭の中の電話で
知らない人と話しをする恋愛小説。
映画とは設定が若干異なり、年が近かったり距離が飛行機を使わなきゃいけなかったり、
良い意味でも上手く完成された原作だと思います。
そこから主人公の背景を濃くし、シンヤの設定も上手く増やした映画はすごいなぁって思いますね。


傷-KIZ/KIDS-
こちらも玉木宏と小池徹平主演の映画「KIDS」の原作。
相手の傷を自分に移動させたり、その傷を他の相手に移動させる事のできる
特殊な能力を持った少年の話。
原作は年齢設定が大幅に子どもであり、その中でも友情を描かれてました。


華歌
入院していた男性が病院の庭で少女の頭の付いた植物を拾う話。
主人公が大人なので上二つに比べて少し内容の濃い話でした。
でも上二つに比べたらなんかイマイチな感じでしたね。

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
(2001/05)
乙一

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

夏と花火と私の死体

乙一のデビュー作。
木の上から突き落とされて死んだ私を、
兄妹が必死に隠す四日間を描いた作品。

この小説の特筆すべき点が、語り部が全て死体となった私視点なところ。
死体となって恨みの念で語っている訳でもなく、
幽霊として離れたところから俯瞰して見ている訳でもなく、
本当に死体となった自分を認識しつつ
淡々と死体となった私を隠す周りの状況を語っているのが何とも不思議です。

その他にも、
妹に突き落とされた瞬間や
それを見た兄の反応や隠す様など全て「淡々」と描かれていて
そこが不気味なホラーとして上手く表現されていました。


他にも「優子」という短編も入っていて意外なラストもありましたが、
短いせいなのか自分が時代ものがあまり好きではないせいなのか、
あまり印象には残りませんでしたね。

夏と花火と私の死体 (集英社文庫)夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
(2000/05/19)
乙一

商品詳細を見る

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

うません

Author:うません
2015年10月デビュー。

公式紹介
通販依頼
 (事務所経由)

pixiv
twitter
スケジュール
mail(ご依頼以外)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
絵ブログへ

pixivイラスト
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる