ZOO(2)

ZOOの文庫本化で二つに分かれ、こちらは映画化されなかった作品を収録。



血液を探せ!
→ある事故をきっかけに痛みを感じなくなった資産家の老人が、
ある朝目が覚めると血だらけになっていた!
その時にいたのは長男のナガヲ、次男のツグヲ、後妻のツマ子、
主治医のオモジのみで、オモジの持ってきた血液の入ったカバンがなくなっている。

一体誰が包丁でワシを刺したのか?カバンを盗んだのは誰なのか?
血液を探しだした者に全財産を与えると宣言し皆必死に探すも…。

※これはギャグ小説です。
血だらけでとてもグロイサスペンスでバイオレンスな話みたいだけど、
痛みを感じないせいで緊張感が全く無く、
息子や嫁も遺産目当てで死んで欲しいと思ってたから全く悲しんでいない。
主治医もご老人でボケボケで死にかけてる人を前にしてるとは到底思えない態度。
ブラックユーモアたっぷりなお話です。


冷たい森の白い家
→牛小屋で奴隷扱いされていた者が追い出されて、
新しい家を作る為に次々と人を殺して組み合わせていき、
白い肌で覆われた白い家を完成させていく…。



Closet
→普通に読んでると何が面白いかいまいち分からず、
ボーッと読んでるとラスト3行に驚き得体の知れない気持ち悪さがあります。
2回目読み直して「あーそういう事か!」とすごさを実感できます。



神の言葉
→言霊の力を持った少年が、言葉にした事が現実になっていき最後にはとんでもない事になっていってしまいます。

人前で良く見せようといつも愛想良く振る舞う主人公が、
ストレスやイライラにより家族を言霊によって傷付けていくんですが、
途中で主人公の状況がサッパリ分からなくなっていき「???」となっていき、
テープレコーダーや彫刻刀で傷付けられた机の意味が分からなく、
しかし読み進めていくとその意味やそして意外なラストと読んだ後も放心するような感じになってます。



落ちる飛行機の中で
→ハイジャックされた飛行機の中で、女がセールスマンの男性から
安楽死できる薬を買うかどうかを論争するドタバタ(?)劇。


※これはギャグ小説です。
こちらもハイジャクという緊迫した場面なのに、
犯人がもいかにもいじめてオーラを出してる男性で、
セールスマンも実は別れた妻の前で自殺を図ろうとした途中の異常者、
女も過去にひどい事をした男に復讐をしに行く途中の異常者、
どちらも死に対してそれほど絶望してなく、平気で値段交渉をしたり
状況にミスマッチでかなり笑えます。

弱そうな犯人を捕まえようと人質がどんどん銃を奪おうとするのですが、
何故か人質は全員転がっている空き缶に足が躓き撃たれて殺されます。
撃たれてもアッサリ淡々としていて、たくさんが人が死んでいるのに緊迫感がまるで無いです。

しかしラストはしっかりシリアスになりグッと引き締めてます。



むかし夕日の公園で
→文庫本化描き下ろし短編。
4ページという短い文ですが、インパクトが強くて読まされます。
砂場にあんなんがいたら怖いですね。

ZOO 2 (集英社文庫)ZOO 2 (集英社文庫)
(2006/05/19)
乙一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【本】ZOO 2

                   『ZOO 2』       乙一       集英社文庫先日読んだ『ZOO 1』の続きです。【comment】 これは、乙一さんの驚天動地の粒ぞろい6編が収録された短編集だが・・・さて、困?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うません

Author:うません
2015年10月デビュー。
2015年10月
 ~2017年7月:千葉
2017年8月:神奈川

公式紹介
通販依頼
 (事務所経由)

pixiv
twitter
スケジュール
mail(ご依頼以外)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
絵ブログへ

pixivイラスト
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる