グラスホッパー

妻を殺した犯人に復讐する為に裏稼業の会社に潜入しチャンスを伺うも、その犯人を「押し屋」に先に殺されてしまう一般人の教師「鈴木

「自殺屋」という生業で、相手を自殺に追い込む殺し屋「鯨(くじら)

雇われ殺し屋でコキ使われ不満を感じている殺し屋「蝉(せみ)

この3人の人物の視点からそれぞれ物語が進んでいき、
伝説の殺し屋「押し屋」を巡って3人の物語が次第に交差していくという話です。


伊坂作品には珍しくグロいというかバイオレンス!
殺し屋の話だしね。
段々と盛り上がっていく話はおおっとなりましたが、
終盤はあれ?とイマイチな感じでした。

グラスホッパー (角川文庫)グラスホッパー (角川文庫)
(2007/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【本】グラスホッパー

       『グラスホッパー』       伊坂幸太郎       角川文庫【comment】面白かったかなり好みだ―これは、『鈴木』『鯨』『蝉』の3人の語りで交互に展開される―所謂伊坂さんお得意の手法で書かれた『殺し屋小説』だ。関わりを持ちながらもバラバラ...

「グラスホッパー」伊坂幸太郎著

伊坂さんの新刊文庫。楽しみに待っていました~ 『妻の復習の為「令嬢」と呼ばれる怪しげな会社に入社した鈴木。怪しまれ、連れ込んだ男女を殺すというテストの直前に寺原の息子が車にはねられる現場を目撃する。寺原を押した「押し屋」と呼ばれる職業の男を追うことに

小説「グラスホッパー」(伊坂 幸太郎) 感想

最近、「サンデー」連載中の漫画「魔王 JUVENILE REMIX」を推してるのですが、小説「魔王」以外にも原作があると教えてもらったので読んでみました。 果たしてネタバレをしていいものか、そもそも「魔王」を知ってる人がここをどれほど読んでるのか。 全く見当がつかない?...

グラスホッパー

  伊坂幸太郎 著 角川書店

「グラスホッパー」 伊坂幸太郎

まずは、登場人物の恐ろしい職業に驚き。

グラスホッパー  伊坂幸太郎著  角川文庫

 グラスホッパーって、飛蝗(ばった)だっけ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うません

Author:うません
2015年10月デビュー。
2015年10月
 ~2017年7月:千葉
2017年8月:神奈川

公式紹介
通販依頼
 (事務所経由)

pixiv
twitter
スケジュール
mail(ご依頼以外)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
絵ブログへ

pixivイラスト
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる