13ヵ月と13週と13日と満月の夜

赤毛の少女カーリーが魔女に騙されて老婆になってしまう
ちょっぴり怖いけどでも読後感は爽やかな小説です。

数年前に初めて読んだアレックス・シアラーの作品で、
当時は子どもで老婆になってしまった悲痛な表現などとても怖かった記憶がありました。

最近読み返してみても、若さとは?老いとは?と考えさせられ
当たり前の事が幸せだっていう事なんだなと
児童書なんだけど子にも大人にも読んで貰いたい作品です。

中盤から後半にかけて駆け足な感じがするけど、
でも逆を言えばそれだけ引き込まれて半分辺りから読み終わるまであっという間にスラスラと読んじゃいますね。

13ヵ月と13週と13日と満月の夜13ヵ月と13週と13日と満月の夜
(2003/05)
アレックス シアラー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本の感想等
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うません

Author:うません
2015年10月デビュー。
2015年10月
 ~2017年7月:千葉
2017年8月:神奈川

公式紹介
通販依頼
 (事務所経由)

pixiv
twitter
スケジュール
mail(ご依頼以外)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
絵ブログへ

pixivイラスト
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる